HOME
>
会社概要
>
トップメッセージ

経営理念

 

トップメッセージ

私たち京都グレインシステムは京都嵐山へ続く保津川渓谷の亀岡で創業いたしました。
創業時は水の綺麗な山間で育った原料を使い、玄米茶用の玄米や麦茶用の大麦を焙煎して急須で飲む玄米茶やヤカンで沸かす麦茶の製造をしておりました。
やがてコンビニエンスストアの普及に伴い、お弁当のお供はもとより各家庭の食事の際に飲むお茶もペットボトルで供給される時代へと変化し、私たちの原料提供先も各家庭からドリンクメーカー様へと変化してまいりました。
今では、玄米茶の焙煎米で200種類、麦茶で100種類以上を受注生産するようになり、 世界中に原料茶を提供しています。
近年は、飲料事業から食品事業へ事業を拡大し、「京都グレインシステム」といえば、「最高のアプリケーション能力を備えた食品素材の加工技術の開発による革新的な商品提案」と認知されるほど、業界を超えたお客様からベストサプライヤーとしての信頼も得ております。
弊社ではベストサプライヤーとして信頼を維持・拡大するために、成長性の高い業界・地域・国に革新的な加工技術の提供と開発を行っております。
国際的な食品安全規格であるFSSC22000の認定を取得したことにより、世界中のお客様の革新的商品開発をサポートすることが可能になっています。
そうすることで、長期的に競合他社に対する優位性を維持し、京都グレインシステムの付加価値創出につながると確信しています。
お客様に関心をいだいてもらう提案をするためには、多様化するお客様のニーズに合わせた技術革新を生み出す社員一人ひとりの能力が必須です。
弊社の社員は、失敗を恐れずチャレンジする社風により努力を惜しまない意欲とオンリーワン技術を構築する能力を自然に学び、京都グレインシステムの付加価値を高めています。
社員一人一人が新しい可能性を探求しながら常に変化し、また、会社もその変化を受け入れる企業体制を整えています。
京都グレインシステムが展開する食品素材の加工技術の世界を提供し共に仕事をしながら成長していくことで、京都グレインシステムを世界へ向けて健康を維持するためのヘルスフード、おいしさと笑顔を提供するハピネスフードをみなさまの食卓へ提供できる企業へと進化させたいと考えています。

京都グレインシステム株式会社

代表取締役  田宮 尚一

 

トップページへ

このページの先頭へ