HOME
>
コア事業

京都グレインシステム株式会社の取り組みと事業

京都グレインシステム株式会社は、1970年に創業者である田宮尚一が㈱仲井玄米茶屋に入社し麦茶・玄米茶を作り始めて以来、1993年にボトル飲料業界へ商品供給のため社名を京都グレインシステム㈱に変更、独立し、これまでに玄米茶の焙煎米で200種類、麦茶で100種類以上を受注生産するようになり、世界中に原料茶を提供しています。
近年では、飲料事業から食品事業へ事業を拡大し、これまでに培ってきた技術の研鑽、並びに、新しい技術の取り込み・開発に努め、様々な業界から食品の加工処理を代表する企業と認知されるべく成長しております。
現在、当社では「健康と感動を食生活へ」という基本理念に基づいて、顧客満足を目指して11の事業に取り組んでおります。

①α化事業
パンやお菓子などにもちもち感やふっくら感を与えるために使用しているデンプンの一部をα化(糊化)させる湯種製法の代替として、水を加えるだけで粘性を出すことができる事前にα化したでんぷん粉末のニーズは大きく広がっています。
パンやホットケーキなどのプレミックス、フライ用のバッター液など安定した物性のα化でんぷんの使用により家庭でプロのような調理が可能になりますし、プロの使用においても工程を減らすことが可能になります。

 

②焙煎事業
焙煎という加熱処理は油や水といった熱媒体を使わずに原材料を加熱乾燥させる方法であり、焙煎処理によって食材に含まれる水分が蒸発するとともに香ばしい香味や食味も含めた風味が付与させることになりますし、たんぱく質やでんぷんなどの炭水化物等の性質が変化し、食品の風味や香味が変化するということもあります。
目的・用途に応じ熱風方式・熱風ドラム方式・ドラム方式・炭焼き直火方式といった方法を使い分け、顧客要求に合わせた幅広いご提案を可能にします。

 

③パフ事業
パフは膨化加工と呼ばれる熱処理方法で、高圧下で原材料を加熱した後に圧力を一気に開放することによって、内部に存在するわずかな水分を一気に空気と置換する加工方法です。
膨化によって無数の小さな空洞が内部に形成され、成分が密に詰まって固い食材が膨らみながら「サクサク」の柔らかい食感に変化することになります。
一般的には、ポップコーンやポン菓子のような形態が想像されますが、熱風膨化方式によって圧力や熱をコントロールし、多種多様な素材を使用目的に合わせた形態に加工することができます。

 

④粉砕事業
粉砕というのは、漢字にある通りで「砕いて粉にする」という加工方法であり、様々な産業において利用される目にする機会の多い加工方法の一つです。簡単なことのように思えるかもしれませんが、粉砕では原材料に加えられる力、力の加え方、力を加えている時間によって、出来上がってくる粉末、あるいは、粒子の大きさをコントロールすることになります。
当社では、様々な粉砕方法を採用することによって、お客様のニーズにあわせた提案が可能です。

 

⑤アレルゲン素材受託事業
小麦や大豆などのアレルゲンを含む原材料の加工は、原材料の入荷から出荷に至るまで通常の原材料の加工とは隔離して行う必要があります。
そのため、受託の受け入れ先を探すにあたっては、同種の原材料を扱うラインや工場を持つ工場に限定されてくるというのが一般的です。
現在は、主に大豆加工に対応し、焙煎、粉砕、包装の一連の加工を行っておりますが、小ロットのラインを確保し通常原料と隔離したラインで製造することも可能です。

 

⑥業務用包装事業
主に1kgまでのバラ詰め包装に特化し業務用包装を提案します。

 

⑦生薬原料刻み受託事業
生薬原料の刻み加工を行います。

 

⑧滅菌加工事業
蒸気、熱風による滅菌加工を行っています。

 

⑨原料選別事業
原料の調整と選別を行っています。

 

⑩保税倉庫内加工事業
外貨原料を持ち込み受託加工し、そのまま国内外へ発送可能です。

 

⑪発芽事業
種子を発芽させる加工を衛生的に行います。


 

トップページへ

このページの先頭へ